Rock

Red Hot Chili Peppers

スポンサーリンク

本日はRed Hot Chili Peppersの紹介をしてみたいと思います。

 

  1. Red Hot Chili Peppers とは
  2. オススメの曲
  3. 必聴のライブ音源

という内容で書いていきたいと思います。

 

Red Hot Chili Peppers とは

 

1983年結成のアメリカのロックバンドです。結成から40年近くなった現在も活動を続けており、2012年にはロックの殿堂入りしています。

音楽性が非常に多岐にわたるバンドであり、活動時期によってサウンドが大きく異なることも魅力の1つだと思います。ファンクロック、オルタナティブロック、日本ではミクスチャーロックという呼ばれ方をしています。

 

メンバーは現在は以下の4名ですが、複数回変わっており、メンバーによってサウンドの志向が大きく異なります。

  •  アンソニー・キーディス(Vo.)
  •  フリー(Ba.)
  •  チャド・スミス(Dr.)
  •  ジョン・フルシアンテ(Gt.)

 

Red Hot Chili Peppersのオススメ曲

 

これからRed Hot Chili Peppersを聴き始める方という前提でオススメしたい曲をご紹介します。

活動期間も長いバンドですので、本来オススメしたい曲はたくさんあるのですが、あえて3曲に絞って紹介いたします。

 

By The Way スタジオアルバム”By The Way”収録 (2002年) 

勝手な意見ですが、洋楽ロックが好きな方は誰でも好きなんじゃないか、というサウンドです。

正統派のイントロ、サビから始まりながらも全く意味不明の歌詞で歌われるメロ部分、何度聞いても楽しく前向きな気持ちになれる1曲です。

Red Hot Chili Peppers / By The Way [Official Music Video]

 

 

 

Scar Tissue スタジオアルバム”Californication”収録(1999年)

セールス的には最も成功したシングル曲です。このアルバムから出戻ったジョン・フルシアンテのギターサウンドが色濃く出ている曲です。個人的にはジョンのコーラスが戻ってきたことも曲の深みを増している一因だと思います。

Red Hot Chili Peppers / Scar Tissue [Official Music Video]

 

 

 

Dark Necessities スタジオアルバム”The Getaway”収録(2016年)

現時点(2021年3月時点)で最新のアルバムからのシングルカット曲となります。

当時のギタリストはJoshであり、ギターサウンド、コーラス含め少し2000年前後のRHCPとは雰囲気が異なります。この曲で特徴的なのは、フリーだからこそ軽ーく弾いているように見えるベースラインだと思います。すでに新たなライブの定番曲となっています。

Red Hot Chili Peppers / Dark Necessities [Official Music Video]

 

 

 

必聴のライブ音源

Red Hot Chili Peppersは個々の演奏力が非常に高いバンドで、CD音源とライブ音源では違う曲のように聞こえることもしばしば(いい意味で)です。そのなかでもCD化されている”Live in Hydepark”は必聴の音源だと言えます。特にベース、ギターのセッションはスタジオアルバムでは聴くことのできないRHCPらしさが詰まったサウンドとなっています。

 

いつか実際のLiveに行けることを夢見つつしめたいと思います。

 

スポンサーリンク

-Rock
-, ,

© 2022 3分サムシング