映画

3分で読める・ゲイリー・マーシャルのおすすめ作品ランキング【映画】

スポンサーリンク

私は映画が好きです。

大人になり、1人で自由に使える時間が増え「見たかった映画リスト」をどんどん見進める日々が続き、幸せでした。

しかしながらだんだんと「映画を見たい欲」の割に「見たい作品」がなくなってきてしまいました。

 

そんなときに気づいたのが、好きな作品を手掛けた映画監督の他の作品を見るという方法でした。

監督は同じですが原作者は違う場合が多く「ストーリーに類似性はないものの、雰囲気はなんとなく似ている」という映画があり、新たなお気に入り作品にめぐり会えるチャンスが多かったです。

 

そこで、私がおすすめする映画監督と作品を勝手にランキング形式で書いていきたいと思います。

 

ゲイリー・マーシャルとは

1934年アメリカ生まれの映画監督、脚本家、プロデューサー且つ俳優です。

もともとはテレビ番組の脚本家を行っており、そこからテレビ番組の監督になり映画監督へ、というキャリアです。
俳優としても活動しており、自身が監督の大ヒット作品の”プリティ・ウーマン”にも出演しております。

ラブストーリーがベースとなっていますが、コメディ要素が多く、クスッと笑える場面が多く盛り込まれています。
テレビ番組の脚本家時代にはコメディシリーズを担当していたバックグラウンドも大きく影響していることでしょう。

また、いわゆる”シンデレラ・ストーリー”を数多く手掛けています。

 

ゲイリー・マーシャルのおすすめ作品ランキング

1位 プリティ・ウーマン (1990年)

言わずと知れた名作です。しかしながらいまの20代、30代には意外と見たことがない方も多いのではないでしょうか。

ひとことで言うと現代における”シンデレラ・ストーリー”のスタンダードです。映画好きを名乗っていながら「ラブストーリーはちょっと、、、」とまだ見ていない方は是非見ましょう。

ストーリーは全く違いますが、”ホーム・アローン”が好きな方にも雰囲気が少し似ているのでおすすめできます。

先日リチャード・カーティスの作品紹介にて書いた”ノッティング・ヒルの恋人”は、男女が逆ですが、少しイメージが近いです。

 

2位 ニューイヤーズ・イブ (2011年)

オムニバス形式、グランドホテル形式の映画です。

ゲイリー・マーシャルはキャリアの晩年で、オムニバス映画3作の監督を担当しており、その中の2作目です。

キャスト陣が非常に豪華です。ロバート・デ・ニーロ、ハル・ベリー、サラ・ジェシカ・パーカー等のベテランからサック・エフロンなどの若手俳優に加え、音楽界からはジョン・ボン・ジョヴィがロックスター役で出ております。

 

3位 バレンタインデー (2010年)

こちらは晩年で製作したオムニバス作品の1作目です。こちらも非常に豪華な俳優陣です。

非常にあたたかい雰囲気でストーリーが進みますので、どなたとでも見られる内容です。

 

ゲイリー・マーシャル作品を見るには

ゲイリー・マーシャル作品を視聴できる動画配信サービス一覧

参考までに紹介した作品が見られるサブスクサービスの一覧を記載します。

作品名 Netflix Amazon Prime Video U-NEXT
プリティ・ウーマン - 有料
ニューイヤーズ・イブ - 有料
バレンタインデー 有料

※2021年5月8日現在の情報です。

 

動画配信サービス、結局どれが良い?

それぞれ月額料金が違うのはもちろんですが、視聴できる作品数も違えば、取り揃えている作品のジャンルにも違いがあります。

上記に記載した動画配信サービスについては別記事にて比較していますので、まだ使っていない方やどのサービスを使用するか検討されている方はぜひ確認いただければと思います。

【サブスク】映画好きのための動画配信サービス比較【2021年版】

続きを見る

 

映画が大好きな方に!

ゲイリー・マーシャル作品以外にも監督ごとにおすすめ映画をまとめていますので、こちらも是非読んでいけだけると幸いです。

映画好きなのに”見たい映画がない”という方に。

 

 

スポンサーリンク

-映画
-,

© 2022 3分サムシング