ガジェット

3分でわかる・Chromebookのメリット【おすすめ用途】

スポンサーリンク

前回に引き続きChromebookについて書いていきます。
※前回の記事はこちらです。

3分でわかる・Chromebookとは【第3の選択肢】

今回はChromebookのメリットと、どういった方におすすめなのか、について書いていきます。

Chromebookのメリット

価格が比較的安い

もちろんモデル次第ではありますが、2万円未満で購入できる製品もあります。
理由は後述しますが、2万円程度の低スペックでも比較的まともに使えるのがChromebookのメリットでもあるので、用途が限定されているのであれば、価格優先で購入して問題ないかと思います。

参考までに↓こんな感じです。

【4/16 1:59までポイント5倍】直販 ノートパソコン:Lenovo Chromebook S330 MediaTek MT8173C CPU搭載(14.0型 HD/4GBメモリー/32GB eMMC/Chrome OS/Officeなし/ビジネスブラック) 送料無料

価格:19,800円
(2021/4/11 16:29時点)
感想(21件)

 

電源ボタンを押して使い始められるまでの時間が比較的短いです。起動時の待機時間が短い

体感では、WindowsのPCと各種タブレットとの中間程度かと思います。

ストレージの容量が小さく、本体に端末の起動にあたって必要な情報を保存していないため、読み込みべき情報がとくにないため、スタートが早いです。

データは原則クラウド上にある

Chromebookを使用して作成するドキュメントや、編集する画像などは基本的にクラウド上のデータをクラウドソフト上で扱うかたちになります。この仕組みの大きなメリットは以下の3点です。

  1. 手元のPC以外でも確認・編集可能
  2. データが手元にないため、PC紛失時のセキュリティの心配がない
  3. 端末自体のスペックへの依存度が低い

上のほうに記載した、低スペック機でもわりと使えるのは、3番めの理由によるところとなります。

バッテリー駆動の時間が長い

クラウド側に作業を任せてしまっているために、本体側ではあまり負荷のかかる作業をしていません。
そのため、消費電力も少なく抑えられます。

よって、本体内蔵のバッテリーはあまり使わずに済みます。

端末によって異なりますが、私が見た限りでは、バッテリーのみで10時間以上使用可能な端末が多いようです。

Chromebookのおすすめ用途

ずばりWebライター、ブロガーです。

「思ったことを文章にする」「調べたことを文章にする」こういった作業は基本的にWeb上のエディターと、ブラウザから得られる情報をもとに実施されているため、PC自体に特別なソフトウェアを入れたりする必要はないです。

また、WindowsのOfficeソフトなども使う場面はほぼないかと思いますので、Chromebookでできないことに出くわす場面がほぼないと思います。ということで、私自身も含め、Webライター、ブロガーの方にはChromebookはおすすめです。

スポンサーリンク

-ガジェット
-,

© 2022 3分サムシング